西洋ヤナギエキス

西洋ヤナギは、ヨーロッパ、アジアおよび北米の一部に生育する、ヤナギ科ヤナギ属の植物で、熱や痛みに有用とされ、ドイツや南ヨーロッパ、南アメリカで民間療法に利用されていました。 西洋ヤナギの抗炎症、鎮痛作用のしくみについては、主要成分であるサリシン類が体内でサリチル酸となり、痛みや炎症の原因物質であるプロスタグランジンの生成を抑制されると考えられています。 また、サリシン類だけではなく、フラボノイド類やプロシアニジン類などのポリフェノール化合物も重要な役割を果たしていると考えら得れています。

グルコサミンEX (アサヒフード)

グルコサミンEX (アサヒフード)
グルコサミンEXは1日分のグルコサミン量を1500mgに増量した、ワンランク上の“グルコサミン”です。 グルコサミンのほか、コンドロイチンやII型コラーゲンも配合。 さらにヨーロッパで昔から愛用されているハーブ“西洋ヤナ [...]