セサミン

セサミン (sesamin) はゴマリグナンに含まれる成分の一つ。肝臓の活性酸素を低減する作用がある。ごま油やサンショウから分離する技術がサントリーによって開発されている。 現在のところ、その効用を証明するデータで公表されているものは無い。 セサミンはピペリトール/セサミン合成酵素(CYP81Q1)が単独で触媒する2回のメチレンジオキシブリッジ形成反応によってピノレジノールからピペリトールを経て生成される。

セサミンEプラス

セサミンEプラス
日本人の食卓にもなじみの深いゴマ。タンパク質やビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸を含む健康食材です。また、ゴマ油が酸化しにくいことも広く知られています。サントリーは、ゴマの健康パワーが、特に稀少な成分ゴマリグナンの中にわず [...]