ビタミンD

骨や歯をつくるカルシウムやリンの吸収を高めるビタミンです。ビタミンDには、少しずつ構造が異なる6つの種類があり、天然に存在するのは、食べ物から摂取できるビタミンD2と人の皮膚内での自己生成するビタミンD3の2つです。ビタミンD17は、皮膚に蓄えられたコレステロールの一種に紫外線が当たることで生成されます。不足すると、血液中のカルシウムとリンのバランスが崩れ、骨の中のカルシウムが血液中に溶けだし、骨がもろくなり、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の原因に。イワシ、ジャコ、しいたけ、卵黄に多く含まれています。

プレネイタル

プレネイタル
プレネイタルは妊娠・授乳期の女性のための専用マルチビタミン 母胎の安全を最優先に考えた妊娠授乳期専用のマルチビタミン・ミネラルです。 からだの基本を作るマルチビタミン・ミネラルは体外から取り入れる必要があり、欠乏すると健 [...]