DL-フェニルアラニン

DL-フェニルアラニンは、合成Dと自然Lの2つの等しいパーツでできているフェニルアラニンです。 DL-フェニルアラニンはエンドルフィンと呼ばれるモルヒネ様物質が脳の中で産出され活性をもつ度を高め、脳の中でドーパミンに変換されます。 ドーパミンが増えることでやる気が満ちて、前向きな気持ちがアップします。 強力な抗うつ薬の働きを持っており、うつ病にも効果が期待されます。 妊娠している人、フェニルケトン尿症、皮膚がんの人の摂取は強く反対されています。

ウェイト・レス

ウェイト・レス
1本で色々なダイエット成分がまるごと ガルシニアは食べ過ぎに、クロムはリバウンド防止におすすめ 南アジア原産オトギリソウ科の果実ガルシニアは糖質カット成分として人気です。 一方ピコリン酸クロムは、糖と脂質の代謝に欠かせな [...]